1884〜85年にベルリン会議(ベルリン=コンゴ会議)をひらき、ベルギー国王の「私有地」としてコンゴ自由国の設立を認め、さらにアフリカの植民地化の原則(基本的に早い者勝ち(先に実効支配をした国に優先権が与えられる))を定めた。 実際には、近年50、アフリカの67の国で発生した26総ショットの状態で、これらの国の16は、アフリカのクーデターの61の%を意味し、旧フランス植民地です旧フランス植民地で開始されました。 国別のアフリカでのヒット数 資源などはあるはずです。 これが政治というものです。 ではどうして今の状況にあるかと言えば世界の近代史を知る事で見えてきます。 アフリカ分割(アフリカぶんかつ)とは、1880年代から第一次世界大戦前の1912年までにかけて、ヨーロッパの帝国主義列強によって激しく争われたアフリカ諸地域の支配権争奪と植民地化の過程のこと。 古代エジプトは位置的には北アフリカですが、文化/文明/人種の点で「アフリカ」とは言えないと思います。文化ではメソポタミアと並ぶ古代東方文化ですし、アフリカ大陸の他の文化よりもこちらとの関係が一貫して深いです。人種もネグロイドではありません。 古代エジプトの時代には既にあれだけの文明が発達していたのに、その後西洋諸国に遅れをとってしまったのは何故でしょうか? http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061493663/249-0155644-0220379 また、アフリカというのはローマ人がつけた名前で、大体いまのチュニジアあたりのことです。そこから南は特に認識されていません。南方...続きを読む, アフリカでは、今も病気で死ぬ人や食べられない人が大勢います。そもそも何でアフリカの地域は、貧困が多いのでしょうか?ダイヤなどの資源がとれるので、貧困にならないような気がするのですが・・・民族に対する差別的な意見(なまけものだから・・・)などじゃくて。。。ちゃんとした理由がわかる人がいればご指導ください。また、どうすれば、経済というのは発展するのでしょうか?解決策も教えてください。, 当然の疑問だと思います。 アフリカはあなたのおっしゃるようにダイヤや石油・希少鉱物など天然地下資源も豊富で、しかも農作物も実は生産量は高いです。 アフリカはナイル川流域のエジプト文明に代表されるように、古代から文明の栄えた地でもあります。数々の王国が栄え、ローマ帝国やイスラム帝国、オスマン帝国との興亡もありました。 が大変よい参考書になると思います。 よろしくお願いします。, 暗黒大陸というのはヨーロッパ人が自分たちの価値観からそう呼んだだけで、特に根拠のある言説ではありません。 アフリカはナイル川流域のエジプト文明に代表されるように、古代から文明の栄えた地でもあります。数々の王国が栄え、ローマ帝国やイスラム帝国、オスマン帝国との興亡もありました。 アフリカはあなたのおっしゃるようにダイヤや石油・希少鉱物など天然地下資源も豊富で、しかも農作物も実は生産量は高いです。 お勧めの書籍などもありましたら教えて下さい。よろしくお願いしますm(_ _)m, かつてアフリカは暗黒大陸と呼ばれていたそうです。 ヨーロッパ列強によるアフリカの植民地分割状態(1913年) リベリアとエチオピア以外はヨーロッパの7か国によって支配されていた。 真ん中の薄いオレンジ色がベルギーの植民地だったコンゴ。 あとの詳細はここをクリックだ。 アフリカ分割 しかしアフリカの人は豊かに暮らしていました。これは北米や南米・オーストラリアの原住民も同じです。 アフリカは歴史に翻弄されてきました。 20世紀半ばまでのヨーロッパの植民地支配から独立戦争。その後の政治的混乱。紛争や内戦。インフラの整備もままならない国がたくさんありました。学校教育の機会が奪われた国や地域もありました。 アフリカと言うとサバンナのイメージがあると思いますが、農業生産も盛んで地下資源の輸出が増えた現代でも、アフリカの輸出品の55%は農産物です。 それとも部族問題が解決しない限りムダなのでしょうか。 現在でも経済発達している国家少ないです。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, http://www.h2.dion.ne.jp/~mogiseka/lecture/premo …. ネットの中でもここを見ていても、中国・韓国の話題がでると非常に感情的な誹謗・中傷や、不毛な議論を始める人が多々います。情けない事です。 現代になっても部族対立が激しく、農業や工業が発達しないのはどうしてでしょうか? また、アフリカというのはローマ人がつけた名前で、大体いまのチュニジアあたりのことです。そこから南は特に認識されていません。南方ではまた独自の文化/文明が発展していました。 しかしアフリカの人は豊かに暮らしていました。これは北米や南米・オーストラリアの原住...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 授業でよく学生に問いかけることの一つに、「ベルギーやフランスでチョコレート生産が盛んなことを、おかしいと思わないか」という質問があります。カカオ豆は熱帯性の作物で、寒冷地の多いヨーロッパではほとんど生産されていません。それにもかかわらず、これらの国でチョコレート生産が一大産業となっているのは、植民地主義の遺産に他なりません。 カカオ豆はもともと中南米原産の作物で、15世紀の大航海時代にス … 特に1000年以降~植民地化されるまでの歴史に、残虐な民族紛争は目立っているかや、文明の水準などの点について知りたく思います。 お勧めの書籍な アフリカが植民地にされていた理由は? アフリカに残るヨーロッパによる植民地支配の影響は? アフリカの旧宗主国と今なお残る影響とは? アフリカ諸国が独立できた理由とは? アフリカの神話上の生物がヤバすぎる… アフリカで有名な神話って何? 文明の水準などの点について知りたく思います。 ヨーロッパの近くで人や文化などは流入していたはずです。 東京は中国人や韓国人が至る所でとっても多いですが、その内に中国や韓国の植民地になってしまう!. L知ってますか? 今日でも、多くのアフリカ諸国は、独立にもかかわらず、フランスで植民地税を支払い続けています。 新しく独立した国にとっては、フランスとの妥協点を見つける必要があった。 西アフリカの小さな国トーゴ共和国の最初の大統領シルバヌス・オリンピオ氏は、フランス人を落ち着かせる解決策を見つけた。, フランスの支配を受け続けるために望んでいない、彼はデ・Gauleによって提案された和解契約に署名することを拒否したが、フランスの植民地化中に得られた、いわゆる利益のためにフランスに年間の債務を支払うことにリターンで合意しました。, これらはフランスが去る前に国を破壊しないための唯一の条件でした。 しかし、フランスが推定した金額は大きかったので、いわゆる「植民地債」の返済は、40の国の予算の1963%に近かった。, そのため、独立したトーゴの財政状況はちょうど非常に不安定であり、このような状況を克服するために、Olympioは、植民地時代のフランスで設定し、金融システムから取得することを決めたFCFA(アフリカのフランスの植民地のフラン)国の通貨を作りました。, 1月13 1963は、3日後に、彼は新しいノート、キャプチャ(フランスでサポートされている)の兵士の分隊を印刷し始め、独立したアフリカの最初の選ばれた大統領を殺した:Olympioがで実行されました元フランスレジオネラ、陸軍軍曹エティエンヌGnassingbeは、ちなみに、プレミアムドルが彼の使命の成功のために地元のフランス大使館を612時に受け取りました。, オリンピオの夢は、独立した自律的な国を建設することでした。 しかしこの考えはフランスの望みには合致しなかった。, 6月30 1962は、Modiba慶太、マリ共和国の初代大統領は、また、金融システムFCFA(課さ12、新たに独立したアフリカ諸国)から撤退することを決めました。, 実際、マリ大統領のために、社会主義経済に向かってより傾いて、まだフランスとの協定で存在していた植民地化は、トラップ、国の発展への負担になったことが明らかとなりました。, 19の11月1968は、オリンピオのように、慶太は外相の元フランス大統領であるムサ・トラオル(MoussaTraoré)中尉が率いるクーデターの被害者になるだろう。, 実際には、アフリカはヨーロッパの植民地主義のくびきから自らを解放するために戦っていたこの激動の期間中、フランスは拳が新たに選出された大統領に対する操作をヒットさせるために、以前は外人部隊の傭兵と提携し、多くの場面で使用します。, 実際には、近年50、アフリカの67の国で発生した26総ショットの状態で、これらの国の16は、アフリカのクーデターの61の%を意味し、旧フランス植民地です旧フランス植民地で開始されました。, これらの数字が示すように、フランスはまったく絶望的ですが、価格にかかわらず、どのようにしても植民地を強力に維持するのに積極的です。, ジャック・シラク・フランソワ・ミッテランの前身は、「アフリカがなければ、19世紀にはフランスに歴史はない」と1957は賛成した, 私はこの記事を書いている今14アフリカ諸国は財政のフランスの省の管理下にフランスの中央銀行で彼らの埋蔵量の%を85し、植民地時代の協定を通じて、フランスによって強制されています。 今のところ、2014、トーゴ、そして13については、他のアフリカ諸国は依然としてフランスで植民地債を支払わなければならない。 拒否するアフリカの指導者は、クーデターの犠牲者や殺されている。 従う者は、フランスが贅沢な生活様式で支援し、報酬を与えられますが、人口は悲惨さと絶望に耐えます。, このような邪悪なシステムは、欧州連合によって非難されたが、フランスはによって彼について500億アフリカからの現金を提供しています。この植民地時代のシステムなしで行うことは準備ができていない、と年。, 我々はしばしば、アフリカの指導者たちに腐敗を訴え、西側諸国の利益に役立つが、この行動については明確な説明がある。 彼らは殺されたり、クーデターの犠牲者になることを恐れているので、このように行動します。 彼らは侵略や困難に備えて、強力な国家と自分を守るために同盟したいと思っています。 しかし、友好的な保護とは異なり、西洋の保護は、国民の利益や国家の利益を諦めることと引き換えに、しばしば提供されます。, アフリカの指導者は、彼らが植民地時代に絶え間なく嫌がらせや脅迫を受けていなければ、人々の利益のために働くだろう。, 1958では、フランス戦独立の彼の選択の結果を恐れ、レオポール・セダール・サンゴールは言った:「セネガル人の選択は、彼らはそれだけで友情に場所を取るしたい独立でありますフランス、紛争ではない。 ", フランスは植民地のための「紙の上での独立」を受け入れているが、フランスとの関係の特質、特に通貨との関係を明示する「協力協定」を並行して締結しているフランス)、フランスの教育制度、軍事協定、貿易嗜好などがあります。, 新しく「独立した」国は、植民地時代にフランスが建設したインフラストラクチャーに支払う必要があります。, 金額、植民地支給の評価、アフリカ諸国に課せられた支払い条件についての詳細をまだ見つけなければならないが、我々はそれに取り組んでいる(情報を手助けしている)。, ベナン、ブルキナファソ、ギニアビサウ、コートジボワール、マリ、ニジェール、セネガル、トーゴ、カメルーン、中央アフリカ共和国、チャド、コンゴ-Brazzaville、ギニア:フランス1961以来、14のアフリカ諸国の国家の埋蔵量を保有していますエクアトリアル共和国とガボン。, それはWAEMUまたはCEMACなどの中央財政当局を参照することなく、フランスの財務省によって管理されているため、国の、このような多様なグループを管理する金融政策は単純です。 CFAの中央銀行によって実装された契約に基づき、各アフリカの国の各中央銀行はで開催された「アカウント操作」にその外貨準備の少なくとも65%を維持する義務がありますフランスの財務省、金融負債をカバーする別の20%, CFA中央銀行はまた、各加盟国に付与された信用枠の上限を、前年の同国の公的収益の20%に相当する額で課す。 BEACとBCEAOがフランス財務省との当座借越施設を有していても、当座貸越ファシリティーはフランス財務省の同意を必要とする。 最後の言葉は、アフリカ諸国の外貨準備高をパリ証券取引所に独自の名称で投資してきたフランス財務省のものです。, 要するに、これらのアフリカ諸国の外貨準備高の80%以上は、フランス財務省が管理する「営業勘定」に保管されています。 2つのCFA銀行はアフリカ人であり、独自の金融政策を持っていません。 各国は、フランス財務省が保有する外貨準備金がグループとして、あるいは個別にどれくらいの金額に属しているかを知らず、知らされていない。, これらのフランス財務省の資金の投資利益は、外貨準備に追加されると考えられていますが、銀行や国には会計は送信されず、これらの変更の詳細もありません。 「少数の上級フランス財務省当局者だけが、これらの資金が投資される「取引口座」の金額を知っている。 これらの投資に利益がある場合。 CFA銀行やアフリカ諸国の中央銀行にこの情報を開示することは禁じられています。 "ゲイリー・K・ブッシュ博士, フランスは現金で約500億のアフリカの資金を管理しており、旧帝国のこの暗い面に何も光を当てるものは何もないと推定されています。, フランスでは、年間の15%の資金しか利用できません。 彼らがもっと必要な場合、アフリカ諸国は、フランスの財務省が保有する資金の65%を商業的な料金で借りなければならない。, 物事をより悲惨なものにするために、フランスは国が準備金から借りることができる金額の上限を課す。 上限は、前年度の公的収益の20%に設定されています。 もし国が自分のお金の20%以上を借りなければならない場合、フランスは拒否権を持っています。, ジャック・シラク元大統領は、最近、フランスの銀行のアフリカ諸国の資金について語った。 ここでは、フランスのオペレーティングシステムに関するビデオを紹介します。 「銀行の多くの資金がアフリカ大陸の搾取から正確に得られることを正直に認識し、認識しなければなりません」と短い発言があります。, フランスは旧植民地の土地のすべての天然資源の購入を優先している。 アフリカ諸国が他のパートナーを求めることは許されているのは拒否のみです。, 公的契約を授与するにあたり、まずフランス企業を検討しなければなりません。 アフリカ諸国が他の地域でより良い資金提供を得ることができるという事実は考慮されていない。, その結果、ほとんどの旧フランス植民地では、すべての大企業と経済選手がフランス国外出身者の手に渡ります。 例えば、コートジボワールでは、フランスの企業は水、電気、電話、輸送、港湾、大手銀行などの主要公共サービスをすべて所有し、管理しています。 貿易、建設、農業における同上。, 結局のところ、私が前の記事で書いたように、アフリカ人は現在、ヨーロッパ人が所有する大陸に住んでいます!, アフリカ人は、奨学金、助成金、そして植民地協定に添付された「防衛協定」の洗練されたシステムのおかげで、上級訓練士をフランスまたはフランスの軍事インフラに送る必要があります。, 大陸の状況は、フランスが何百人、何千人もの裏切り者を訓練して養成しているようなものです。 彼らは必要でない限り休眠しており、クーデターやその他の目的のために必要なときに活性化されます!, 植民地協定に付けられた「防衛協定」という名の下に。 フランスはアフリカ諸国に軍事的に介入する権利があり、軍隊基地や施設に常駐することもできます。, コートジボワールのローラン・グバグ大統領がフランスの搾取を終結させようとしたとき、フランスはクーデターを組織した。 Gbagboを長期間運転している間に、フランスの戦車、戦闘ヘリコプター、特殊部隊が紛争に直接介入し、民間人を解雇し、多くを殺しました。, 傷害に侮辱を追加するには、フランスではフランスのビジネスコミュニティはその後、フランス軍が2006非武装の民間人を虐殺し、負傷アビジャン65を(残すために急いで数百万ドルを失ったと考えています1200その他), フランスによるクーデター、転送アラサン・ワタラへの電力の成功の後、フランスは内戦中の損失のためにフランスのビジネスコミュニティへの補償金を支払うためにOuattara政府に求めました。, はい。 モリエールの言葉であるフランス語を話さなければなりません! フランス語と文化の普及の組織が創設されました。 フランス外務大臣の支配下にある複数の支部および関連団体が集まる「フランコフォニー」と呼ばれる。, この記事で実証されているように、あなたが話す唯一の言語がフランス語であれば、人類とアイデアの知識の4%未満にアクセスできます。 それは非常に限定的です。, これは、邪悪なシステムとして、欧州連合によって非難され、フランスのための本物の現金牛ですが、フランスでは、彼におよそ500億円の現金を提供しています。この植民地時代のシステムなしで行うことは準備ができていませんアフリカからのドルを年間で支払う。, 欧州でユーロ通貨が導入されている間、他のヨーロッパ諸国はフランスのオペレーティングシステムを発見しています。 多くの国、特に北欧諸国は、フランスを騒がし、フランスを制度廃止すると提案したが、成功しなかった。, 報告書なしでは、お金はありません。 とにかく旧植民地の中央銀行の秘書と、旧植民地の2カ年にわたる財務大臣会議の秘書は、フランスの中央銀行/財務省によって作られています。, アフリカ諸国は一般に、国家間の軍事同盟が最も少ない国です。 ほとんどの国では、元植民者との軍事同盟しかありません! (面白いですが、あなたはうまくできません!)。, 第二次世界大戦中のナチズムとファシズムの敗北のために、百万人以上のアフリカの兵士が戦った。, 彼らの貢献はしばしば無視または最小化、しかし、あなたが考えるとき、ドイツは6でフランスを破っすることが唯一の1940週間かかりましたが、フランスはアフリカ人に「フランスのグラン」を維持するために有用であろうことを知っています未来。, まず第一に、フランスは奴隷時代からアフリカの略奪と搾取に真剣に取り込まれています。 そして、過去と伝統を超えて考えるフランスのエリートの創造性と想像力の完全な欠如があります。, 最後に、フランスは、フランスが変更にもたらされるとしたら黙示録を恐れ広がっ被害妄想や精神病「政府高官」が住んで過去に完全に凍結されている2機関を持っており、そのイデオロギー参照いつも来ますXNIXX世紀のロマン主義の 彼らは、フランス財務大臣とフランス外務大臣です。, これらの2つの機関は、アフリカに対する脅威であるだけでなく、フランス自身への脅威でもあります。, 私はまだ450万人の人口を制御することができコートジボワールにどのような20フランスの兵士を理解できないので、許可を求めることなく、アフリカを解放するために、私たち次第ですか?, 歴史的な比較として、フランスはハイチが廃止以下の損失はフランスの奴隷商人に生じたため21(ほぼ一世紀半)に1804 1947億の近代的な同等のものを支払う作っ奴隷制とハイチ人の奴隷解放。, アフリカ諸国は最後の50年以来植民地税を払ってきたので、世紀の支払いは多すぎると思う。, オリジナル記事: http://www.siliconafrica.com/france-colonial-tax/, https://www.facebook.com/dossou.gaglozoun, Hãynhậptênngườidùnghoặcđịachỉemailđểmởmậtkhẩucủabạn。, 新しく独立した国にとっては、フランスとの妥協点を見つける必要があった。 西アフリカの小さな国トーゴ共和国の最初の大統領シルバヌス・オリンピオ氏は、フランス人を落ち着かせる解決策を見つけた。, 1er 1月の1966では、ジャン・ベテル・ボカッサ元フランス軍団が、中央アフリカ共和国の最初の大統領であるデイビッド・ダコに対してクーデターをかけた。, 3年1966月XNUMX日、現在ブルキナファソと呼ばれているアッパーボルタ共和国の初代大統領であるモーリスヤメオゴは、フランス軍と戦った元フランス軍団長であるアブーバカールサンゴウレラミザナによる打撃の犠牲者でした。これらの国々の独立に反対するインドネシアとアルジェリアで, 社長ヒューバート・マガ、ベナン共和国の初代大統領の警備員だった10月26 1972 Kerekouは、1968 1970にフランス軍の学校に出席した後、社長に対するクーデターを扱ってきました。, http://www.siliconafrica.com/france-colonial-tax/, 植民地帝国の偉大なアトラス-最初の植民地化から非植民地化まで(XNUMX日からXNUMX日..。, 植民地化の歴史。 征服から独立へ(XNUMX〜XNUMX世紀)(UHREFER。). 実はアフリカの国々はほぼ全てがヨーロッパの国の植民地となった歴史があります。 その中で、植民地支配されずに済んだ国と言われるのが、 エチオピア、南アフリカ、リベリアの3カ国です。 アフリカ分割. アフリカの人口爆発の原因を教育が遅れているせいだとする人がいますが、それは違います。なぜなら白人が来る前の原住民のあいだでは、人口爆発はなかったからです。白人が作った経済格差と社会構造が人口爆発の原因です。~~~ この関係がひっくり返ったのは近代になってからです。近世ヨーロッパがひたすら武力に偏った発展を遂げ、その武力によってまずは「新大陸」を、ついでその富を背景にアフリカ(とりわけ中部/南部)や、アジアを征服し始めるまで、ヨーロッパは世界の後進地域でした。しかし、これらの征服後、その富と資源を以て近代の技術文明が発展するにつれ、経済力などが逆転し、現在に至ります。 21世紀、日本が中心になってアフリカの問題を良い方向に進められれば、これはすばらしい事ですね。, 当然の疑問だと思います。 欧米が植民地化する以前のアフリカの情勢・文化は、どのようなものだったのでしょうか? 1880年代から1912年にかけて、ヨーロッパの列強によってくり広げられたアフリカ各地域の支配権をめぐる一連の動きを「アフリカ分割」といいます。 アフリカ人は長年、欧州列強の植民地支配にうんざりしており、これまで植民地経験のない中国に無防備になっているのは否めません。 ジブチでも中国は150億ドル余りをインフラ整備に投資しており、外債の82%を保有しています。 ~~~余談になりますが、地球の人口爆発の原因の最も大きいのはアフリカです。この原因は一人あたまの収入が少なく、また収入の大きな職につけない事で、子供を増やす事が収入を増やす事につながるからです。つまり子供イコール労働力です。一人あたまの収入は少なくても、人数で補おうとする考えです。また貧困の為に乳幼児の生存率が低く、その為また人数を生もうとします。生存率が低いのに一人っ子では、その子が死んでしまえばそれまでだからです。悪い循環になっています。 そして白人が来ます。時は大航海時代です。アフリカ人は捕らえられ、船積みされ世界中に奴隷として売り飛ばされました。南米・北米・オーストラリアの人は虐殺され土地を奪われました。北米のインディアンなどがそうですね。「最後のタスマニア人のトルガニーニ」のように絶滅した民族もあります。 これについては 20世紀に入り植民地支配の時代は終わります。数々の国が独立します。しかし今度は植民地ではないが、欧米諸国の経済支配となります。相変わらず農産物は欧米の多国籍企業がその利益を吸い取ります。 欧米が植民地化する以前のアフリカの情勢・文化は、どのようなものだったのでしょうか? アフリカ諸国の側に問題がないわけではありませんが、こういう問題を解決させない努力をしている国がある、という琴も忘れてはならないと思います。, 暗黒大陸というのはヨーロッパ人が自分たちの価値観からそう呼んだだけで、特に根拠のある言説ではありません。 もともと原住民には土地の所有と言う概念はなく、みんなのものと言う意識でした。しかし白人の持ち込んだ価値観により、土地は一部の白人の所有となります。アフリカは植民地となり、白人は農園を開き、現地の人間を労働力として安く使い、生産された利益はすべて白人、つまり欧米諸国に吸い取られました。ここで社会の構造が現地の人を安い労働力としてのみ固定してしまいます。 植民地 植民地とは、もともと自分の国の領土ではないのに、自国の支配が及ぶようになった土地のことです。侵略によって支配したものもあれば、経済的に植民地になっている方が潤うのでという理由で植民地になったケースとあります。 ここでお話するアフリカ諸国は アフリカにおける植民地の歴史も残すところあとわずかとなってまいりました。 今日は最後にベルギーのアフリカ植民地について説明しましょう。 ベルギーという小さい国も、アフリカに植民地を持って … 19世紀までにヨーロッパ列強によるアフリカ分割が進み、植民地とされていたアフリカ各地で、第二次世界大戦後に独立運動が活発になり、1960年前後に一斉に独立を達成した。 まずは、ヨーロッパの植民地支配の歴史を復習したいと思いますが、一言でいえば、当時のヨーロッパ人は非人道的です。しかし、その当時は植民地支配が常識だった時代ですから、今、その国やその国の人々を非難することは出来ないものとして簡単に振り返りたいと思います。 西ローマ崩壊後も北アフリカについてはイスラムによる征服後もむしろヨーロッパに対する先進文化地域でした。ヨーロッパから文化の流入?とんでもない。たしかにローマやギリシアの影響はうけていますが、むしろ中世ヨーロッパこそイスラム文化の影響をうけていました。 アフリカの文化財について、専門家は「ほとんどがアフリカの外にあり、アフリカには何もない」と指摘する。 2019年11月、その植民地時代に収奪されたアフリカ文化財をめぐって、いくつかの動きがあった。 フランスはセネガルにサーベルを返還 先進諸国というものは、これらのアフリカ/アジアに対する既得権(そんなものを勝手に主張するのがヨーロッパ)を守るため各種の征服戦争、反乱鎮圧、さらには裏工作を行い、また行い続けているわけです。現在はこれらのやりくちを新植民地主義と呼んでいますが、たとえば「イラク戦争」もこういった観点を抜きに考えることはできません。 特に1000年以降~植民地化されるまでの歴史に、残虐な民族紛争は目立っているかや、 ではどうして今の状況にあるかと言えば世界の近代史を知る事で見えてきます。 植民地さえあればちっぽけな国とか言われてコケにされないだろうにな~。 小さな国なんてないんだ、小さな心があるだけさ! まぁ、小さな国なんてない、っていう心意気だけはあっぱれですね。 アフリカは18世紀から19世紀後半にかけてヨーロッパ諸国の植民地支配下にありましたが、1960年代に入ると次々と多くの国が独立を果たしました。 そのため1960年を、アフリカの急激な政治的変化を象徴するとしてアフリカの年と呼びます。 そしてつい最近、ここ数十年で豊富な地下資源が発見されます。独立したアフリカの国は「何とか自国での採掘をしたい」と思います。しかし悲しい事にその為の「資金」も「技術」もありません。欧米にその為の援助・協力を要請しても、絶対にそんな事の為には援助はしません。またすでに欧米に多額の借金もあります。結局はわずかなお金と引き換えに、欧米の多国籍企業にその採掘権を売り渡します。そのせいで、アフリカからどんなに資源が出ても、その利益は欧米に吸い取られ、アフリカは借金が減るどころか増えているのが現状です。事実、アフリカの石油はほとんどがアメリカの企業が持っています。 イギリスの植民地を説明する前に、そもそも植民地とは何かについて説明しましょう。植民地とは、「海外からの移民者によって開発され、その移民国の支配下に置かれた土地」のことを示し … アフリカ諸国の独立/アフリカの年/1960年. 逆に先進国では一人頭の収入は多いが、子供がいる事で支出が増える為に少子化になっています。 植民地を統治している国のこと。 植民地支配は大航海時代から始まって、第二次世界大戦まで先進国が領土を広げようと行ってきました。 植民地をたくさん持っていると、資源を調達できたり、労働力を獲得できたりと宗主国にとっては都合がいいものです。 アフリカ分割から始まったアフリカの植民地化は、その後のアフリカの発展や開発に多大な影響を与えました。その影響について詳しく見ていきたいと思います。現在の世界においてアフリカ(一部の北アフリカを除く)は、西洋的なスタンダードで見れば最も発展や もっと歴史を知り、欧米や日本が何をしてきたかを知り、変な思想には惑わされずに事実は事実として受け止め、その上で世界に対して日本が何を出来るかを真剣に考えられる政治家が出てくる事を望みます。 古代エジプトは位置的には北アフリカですが、文化/文明/人種の点で「アフリカ」とは言えないと思います。文化ではメソポタミアと並ぶ古代東方文化ですし、アフリカ大陸の他の文化よりもこちらとの関係が一貫して深いです。人種もネグロイドではありません。 これはどうしてなんでしょうか? アフリカ分割とは。分割会議や植民地にならなかった国など概要を解説. 21世紀でアフリカの貧困はもっとも大きな問題の一つです。これを解決して行くには、欧米・アフリカなどの当事者ではなく、アジアの、特に発展している日本の役割は非常に大きいです。しかしご存知のように、日本はアメリカ追従の姿勢で、アフリカどころかアジアの中でまだゴタゴタをしている国です。「経済は一流、外交は三流」などと揶揄される所以です。最近は経済も二流ですがw。アジアの中で未だに近隣諸国の感情も理解できず、逆なでしているのみの情けない外交です。これはアメリカにとってもそのほうが都合がいいので、なかなかアジアとしてまとまる事ができません。アメリカは中国と日本が接近するのは非常に都合が悪いですし、アジアに共同経済圏・巨大連合体が出来るのは自らの利益を損なう事になります。政治的には反目しあってくれてるくらいがちょうどいいです。 経済大国がその気になって本格的に援助したら発達するものなのでしょうか? そして国内に問題も多く、政治的にも不安定で汚職や犯罪・貧困などもはびこっています。それを何とかしたくても、どうにも出来ない・なかなか改革は進展しないというのが現状です。またアメリカにとっても、その状態が都合がいいという事もあります。常に経済的優位に立て、利益を確保できるからです。これはアフリカに限らず、中東のゴタゴタにも多分にアメリカの石油戦略が絡んでいます。イラクの問題もそうですね。イラン・イラク戦争の時、フセインに武器援助をし軍事専門家を派遣し、あそこまで軍事国家に育てたのはアメリカですし、今のアメリカ政府のトップはブッシュ大統領を含めほとんどが石油企業を持っています。ブッシュ大統領の親族企業はビンラディンの兄との共同出資で作った石油企業を持っているのは有名な話ですw。 (ロンドン万博:wikiより) 19世紀中ごろ、「世界の工場」と呼ばれたイギリスでは他国に先駆けて産業資本主義が成立させます。資本家たちは自由に競争し、イギリスの経済を発展させました。イギリス政府は世界各地に進出し、外国を原料の供給地や商品販売の市場となる植民地化します。 19世紀後半に石油や電力を使う第2次産業革命が起きると、欧米諸国では重化学工業が発展。それにともなって軍事力もどんどん強くな…