表彰受賞歴

☆第8回EST交通環境大賞 奨励賞

「EST交通環境大賞」は、EST(環境的に持続可能な交通)の更なる普及のために、地域の交通環境対策に関する取組み事例を発掘し、優れた取組みの功績や努力を表彰するとともに、その取組みを広く紹介し、普及を図るために創設されたものです。
「宇奈月温泉における低速電気バスの運行による地域交通づくり」で奨励賞を受賞しました。
■2017年(平成29年) 2月13日(月)第10回 EST普及推進フォーラムにて、表彰式
 

☆低炭素杯2015環境大臣賞 金賞(地域エネルギー部門)

「低炭素杯」は次世代に向けた低炭素社会の構築を目指して開催されています。
全国各地で、学校・非営利団体・企業・自治体などの多様な主体が地域性や団体の特性に応じた個性的な温暖化防止の取組や事業を展開しています。そうした活動を全国から集め、発表や団体同士の交流を通じて取組のノウハウや情報を共有してつながりを深め、地域のベストプラクティスを全国に展開するしくみと場が「低炭素杯」です。
5回目を迎える「低炭素杯2015」では新たに「地域エネルギー」部門が創設され、その部門において、当法人は「宇奈月温泉におけるエネルギーの地産地消による地域活性化プロジェクト」で環境大臣賞金賞を受賞しました。
■2015年(平成27年) 2月13日(金)ファイナリスト39団体によるステージ発表
当法人の発表はこちらからご覧になれます。
■2015年(平成27年) 2月14日(土)結果発表・表彰式

 

☆第5回地域再生大賞 東海・北陸ブロック賞

「地域再生大賞」は地域活性化に挑む団体を支援する目的で、共同通信社と北日本新聞社など全国の地方新聞社が設けたものです。
北日本新聞社が富山県内から毎年1団体を推薦しており、県内では過去最高の賞受賞となりました。
■2015年(平成27年) 2月9日(月)表彰式

☆平成26年度環境とやま県民会議会長表彰(地球温暖化対策部門)

「環境とやま県民会議会長表彰(地球温暖化対策部門)」は多年にわたり省エネルギー活動や再生可能エネルギーの活用といった地球温暖化対策の推進に顕著な功績をあげた方々を環境とやま県民会議会長(富山県知事)が表彰するものです。
■2014年(平成26年) 12月6日(土)富山県地球温暖化防止県民大会における表彰式